「環境技術」2009年11月号 記事情報

掲載年 2009
巻(Vol.) 38
号(No.) 11
801 - 809
記事種類 研究論文
記事タイトル 油脂分解菌を用いた厨房排水の浄化に関する研究
著 者 龍田典子・横堀加奈里・井上 綾・案浦謙二・手嶋 功・上野大介・井上興一・染谷 孝
第1著者ヨミ RYUDA
第1著者所属 佐賀大学
要 旨  飲食店や食品工場の排水には,多量の油脂分が含まれていることがあり,下流側の下水管の閉塞防止や下水道への汚濁負荷低減を図るためにグリストラップの設置が義務づけられている.本研究では,グリストラップから新規に油脂分解菌の分離を行い,311株の分離細菌株から油脂分解能,タンパク質分解能およびデンプン分解能の高い分離株Aeromonas sp.KHUを選抜した.本菌の培養および保存性に適した培地を選定した結果,この培地中で安定した菌数を30℃で約5週間維持できることを培養法および蛍光染色法により確認した.本菌を厨房排水処理に適用する目的で,その油脂分解性を実験室で測定した結果,厨房排水に含有する油脂分(n-ヘキサン抽出物)濃度の高低にかかわらず15〜48時間で86〜91%の高い分解率を示した(油脂分解速度:20〜46 mg/L/hr).さらに現場適用試験の結果,300Lのグリストラップに本菌を毎晩100mL接種することにより油脂分が90%以下にまで分解され,約5週間の試験期間中,油脂分濃度を40 mg/L以下に維持した.
キーワード:油脂分解菌,Aeromonas,グリストラップ,厨房排水処理
特集タイトル
特集のねらい