「環境技術」2017年5月号 記事情報

掲載年 2017
巻(Vol.) 46
号(No.) 5
241 - 247
記事種類 特集
記事タイトル 大阪平野の地下水帯水層と水質構造
著 者 益田晴恵、新谷毅
第1著者ヨミ MASUDA
第1著者所属 大阪市立大学宇内学院
要 旨 大阪平野と周辺の低山地に賦存する地下水の帯水層構造と流動状態を水質の特徴から概観した.大阪平野は最大層厚が1,500m に及ぶ堆積盆であり,有用な地下水盆である.地下水帯水層は深度と水質,用途などから三つに分類した.100m より深い地下水水質は良好であるが,それより浅い場所ではVOC などの過去の汚染が残存している.地下水の適正利用は,水資源確保だけでなく,地下水環境を清浄に保つためにも有効である.
キーワード:地下水流動,化石海水,堆積盆,地下水盆,活断層
特集タイトル 琵琶湖淀川水系における地下水資源の持続可能な利用を目指して
特集のねらい