「環境技術」2017年7月号 記事情報

掲載年 2017
巻(Vol.) 46
号(No.) 7
366 - 371
記事種類 特集
記事タイトル ダニ・カビ等の生物アレルゲンの室内汚染の実態
著 者 川上裕司
第1著者ヨミ KAWAKAMI
第1著者所属 潟Gフシージー総合研究所
要 旨 室内アレルゲンとして「ダニ・カビ・ハウスダスト」が重視されていることは,一般にも知られている.その中でもコナヒョウヒダニは最近の住宅の優占種になっている.アレルギー症状の重症化の要因として,室内の乾燥化による鼻や咽喉の乾燥と,Der f 1,Lip b 1,耐乾性Aspergillus への同時感作が懸念される.
キーワード:ダニ,カビ,コナヒョウヒダニ,ヒラタチャタテ,アスペルギルス
特集タイトル 室内空気汚染の低減対策と規制の動向
特集のねらい