「環境技術」2018年4月号 記事情報

掲載年 2018
巻(Vol.) 47
号(No.) 4
206 - 213
記事種類 研究論文
記事タイトル 水酸化ジルコニルを用いた亜ヒ酸イオンの吸着―ビーズ化による亜ヒ酸イオン吸着性への影響―
著 者 野村真也、西岡 洋、宮西賢一、Tushar Kanti SEN
第1著者ヨミ NOMURA
第1著者所属 兵庫県立大学大学院工学研究科(現日本合成化学工業梶j
要 旨 ヒ素は有害元素の一つであり,アジアの一部地域ではヒ素を含む地下水を飲料水として利用しているため健康被害が報告されている. また, 日本においても掘削工事などの際に高濃度のヒ素が検出されている.そこで,本研究ではヒ素吸着時のハンドリング性向上を目的にアルギン酸カルシウム中にスラリー状の水酸化ジルコニルを固定化させたビーズ型の吸着剤を合成した.このビーズ型吸着剤に関して温度・pH・共存イオンなどの各種条件の下で性能評価を行った.
キーワード:ヒ素,吸着剤,水酸化ジルコニル,アルギン酸カルシウムビーズ
特集タイトル
特集のねらい