「環境技術」2018年5号 記事情報

掲載年 2018
巻(Vol.) 48
号(No.) 5
286 - 286
記事種類 書評
記事タイトル 『工学生のための 基礎生態学』
著 者 岸本直之
第1著者ヨミ KISHIMOTO
第1著者所属 龍谷大学
要 旨 生態学は「個体,個体群,種社会などの個体以上の生物の相互関係,および生物と環境との関係を扱う生物学の1分野(『理化学辞典』第5版)」であり,物質循環やエネルギーの流れに着目して生物的環境と非生物的環境を一つの機能系と捉えた「生態系」を包含する学問分野である.ヒトも地球上の生態系のメンバーであることを考えれば,持続可能社会の実現を図る上で,生態学が重要な学理の一つであるということは論を待たない.本書は「未熟な工学系学生の自然認識を矯正しつつ,職業的に必要な専門科目に引き継ぐ専門教養の教科書」(本書「まえがき」)として企画されたものであり,15回の講義で一通りの学修ができるように,およそ10ページ程度にまとめられた15の章で構成されている.……(つづく)
特集タイトル
特集のねらい