「環境技術」2010年6月号 記事情報

掲載年 2010
巻(Vol.) 39
号(No.) 6
342 - 346
記事種類 特集記事
記事タイトル 土壌汚染に関する判例と法律
著 者 赤津加奈美
第1著者ヨミ AKATSU
第1著者所属 弁護士
要 旨  土壌汚染に関して唯一公刊された裁判例(東京地裁平成18年9月5日判決)の事例と判決をもとに,土壌汚染土地の売買に関する売主の法的責任について紹介する.錯誤による売買契約の無効,売主の瑕疵担保責任,売主の債務不履行責任として,汚染のない土地を引き渡すべき義務の違反,信義則上の調査・除去義務違反及び説明義務違反,が争われたが,判決では売主の説明義務違反が認められ,浄化費用とそのための3次調査費用が損害とされ,6割の過失相殺がなされた.
キーワード:土壌汚染,裁判例,錯誤,債務不履行,瑕疵担保
特集タイトル 改正土壌汚染対策法と技術・社会的諸問題
特集のねらい