「環境技術」2018年2月号 記事情報

掲載年 2018
巻(Vol.) 47
号(No.) 2
103 - 106
記事種類 連載
記事タイトル 新・関西の川歩き(10)淀川下流域―川面から見る淀川下流の川辺―
著 者 齋藤方正
第1著者ヨミ SAITO
第1著者所属 元(公財)琵琶湖・淀川水質保全
要 旨 1.はじめに
 現在,淀川では民間の舟運業者の主催,枚方文化観光協会の共催,淀川舟運整備推進協議会(9市1町で構成)等の後援のもとで春と秋に淀川舟運イベント「甦れ! 淀川の舟運」が開催されている.このイベントは枚方船着場から屋形船風遊覧船(写真1)に乗り,枚方大橋,淀川新橋,鳥飼大橋,菅原城北大橋等を南下し,毛馬閘門を経て大川に入ったあと八軒屋浜船着場までを2時間半ほどかけて下る「淀川下り」である.
 本稿では,「淀川下り」の行程で川面から見ることのできる往時の渡し跡,緊急用(防災)船着場,ワンド群,樋門・大堰・閘門,水道取水口等々,淀川下流域の生活・経済環境,河川環境,河川文化を支える川辺の歴史的名所,エコゾーン,河川管理施設,水利用施設等について記したい.
特集タイトル
特集のねらい