「環境技術」2018年3月号 記事情報

掲載年 2018
巻(Vol.) 47
号(No.) 3
164 - 167
記事種類 温故知新の環境技術
記事タイトル 粉砕攪拌流と微細気泡による排水処理
著 者 吉田憲史
第1著者ヨミ YOSHIDA
第1著者所属 (株)アイエンス
要 旨 1.はじめに
 これまでの排水処理において,BOD が処理されるとSS に転換されるというような定義があった.
 しかし,1998年に一級建築施工管理技士として,阪急宝塚ホテルの厨房排水処理場の硫化水素の減容を依頼され,設計者として様々な散気装置メーカーに依頼をしたが,どの業者も解決に至る明確な処理定義や設計概念を持ち合わせていなかった.
 そこで,現アクアブラスターのプロトタイプを作成し,培養菌を投入して運転したところ,硫化水素などの悪臭は皆無となり,さらには,薬剤や加圧浮上装置をまったく使用しなくとも下水放流基準値をクリアできることが判明した.
 加圧浮上装置を使用しても処理に四苦八苦していた現場が……である.
特集タイトル
特集のねらい