「環境技術」2019年5号 記事情報

掲載年 2019
巻(Vol.) 48
号(No.) 5
240 - 244
記事種類 特集
記事タイトル SDGsの達成に向けて日本が果たす役割
著 者 吉田 綾
第1著者ヨミ YOSHIDA
第1著者所属 外務省
要 旨 1.は じ め に
  SDGsとは,Sustainable Development Goalsの 略称で,日本語では「持続可能な開発目標」と訳 される.地球規模で人やモノ,資本が移動する現 代の社会では,一国の経済状況が他国のそれに波 及するのと同様,気候変動による自然災害や,感染 症に加え,難民やテロといった課題もボーダレス で連鎖的に発生し,各国の社会問題や環境問題等 にも深刻な影響を与える.SDGsは,このような世 界全体の経済・社会・環境の三側面における課題を 統合的に解決すべき目標として,2015年9月の国 連総会において加盟国の全会一致で採択された.
 全加盟国が総じて取り組むべき目標が示された ことを受け,日本政府としては,これまで推進し てきた「人間の安全保障」の理念の下,SDGs達 成に向けた我が国としての施策を打ち出した.以 降,様々なステークホルダーと連携しながら,毎 年新たな施策を打ち出してきている. SDGsの採択からまもなく4年が経とうとして いる.本稿では,SDGs策定の背景から日本国内 の状況,さらに日本政府の国内外の取組を示した 上で,今後の展望を記していきたい.
キーワード:持続可能な開発目標,SDGs,外務省,国際連合,人間の安全保障
特集タイトル SDGsの示す社会と実現への課題
特集のねらい