「環境技術」2019年5号 記事情報

掲載年 2019
巻(Vol.) 48
号(No.) 5
278 - 283
記事種類 研究ノート
記事タイトル 2016年阿蘇山噴火による降灰が河川の水質に与える影響及び影響度
著 者 横田恭平
第1著者ヨミ YOKOTA
第1著者所属 和歌山工業高等専門学校
要 旨 本研究の目的は,2016年の阿蘇山噴火時に噴出した火山灰の影響を濃度と負荷量より確認する.火山灰 により,河川水のAlなどの濃度が上昇したが,その影響は2ヵ月以内であった.負荷量については,噴火 から5日後には影響を確認できなかった.影響の期間に差異が生じた理由は,河川の流量の違いによるものであった.火山灰の影響度は,F−で0.3%と低いが,流量が少ない時期の影響度は5.3%となり,水質基 準を超過した可能性があった.
キーワード:噴火,火山灰,濃度,負荷量,河川水
特集タイトル
特集のねらい