「環境技術」2020年3号 記事情報

掲載年 2020
巻(Vol.) 49
号(No.) 3
154 - 159
記事種類 報告
記事タイトル 水道水中のPFOS,PFOA,PFHxS及びPFHxA同時分析法の検討
著 者 古川浩司、橋本真、萩尾珠世、木村貴明、本澤大生、大谷美怜、平田紗希、小林珠美、松田彰子、辻加奈枝、金子聡
第1著者ヨミ FURUKAWA
第1著者所属 (一財)三重県環境保全事業団
要 旨 液体クロマトグラフィー/タンデム型質量分析法(LC/MS/MS)による水道水中のPFOS,PFOA,PFHxS及びPFHxA 同時分析法の検討を行った.
 検討の結果,各物質の標準液の検量線は0.05〜2.0μg/L の濃度範囲で,良好な直線性と良好な妥当性評価結果が得られた.疑似水道水(ミネラルウォーター:添加濃度0.1ng/L)への添加回収試験をn=5,5日間で実施し妥当性を評価した結果,併行精度5.0〜12%,室内精度5.8〜14%,真度95.9〜112%であり,PFOS,PFOA,PFHxS 及びPFHxA 共に良好な妥当性評価結果が得られた.また,水道水(添加濃度:1.0ng/L)への添加回収試験をn=5で実施した結果,併行精度1.5〜10%,真度96.0〜112%であった.
 本検討結果は,本分析法がPFOS,PFOA,PFHxS 及びPFHxA の水道水質検査法として有効であることを示している.
キーワード:PFOS,PFOA,PFHxS,PFHxA,妥当性評価
特集タイトル
特集のねらい