「環境技術」2020年4号 記事情報

掲載年 2020
巻(Vol.) 49
号(No.) 4
189 - 194
記事種類 特集
記事タイトル AI・IoTを活用したごみ焼却施設の自動運転の高度化
著 者 小野雄基、眞野文宏、渡邉 圭、植浦大樹、江口 徹、上村祥平、浜元和久 
第1著者ヨミ ONO
第1著者所属 叶_鋼環境ソリューション
要 旨 1.はじめに
 近年,AI,IoT 分野における積極的な技術開発が行われ,プロセスデータや画像,振動データといったビッグデータを用いた自動運転制御や機器故障予測について,産業分野への適用が注目を集めている.一方で,日本国内では人口減少に伴い,労働力確保が喫緊の問題となっており,ごみ焼却施設の運営にも影響が及ぶ懸念が表面化しつつある.そこで,当社では,AI,IoT 技術を焼却施設に適用することで,より安定した運転と操業を実現すべく自動運転の高度化に関する技術開発を進めてきた.本報告では,ごみクレーン自動運転の高度化のためのごみピット3D 計測技術,ガス化溶融炉における排ガスCO,NOx 制御技術,出滓口の自動監視技術によるAI・IoT を活用した自動運転の高度化の事例について紹介する.
キーワード:AI,自動化,ごみピット,排ガス制御,出滓口監視
特集タイトル AI・IoTの導入を進める廃棄物処理施設の開発動向
特集のねらい