「環境技術」2021年3号 記事情報

掲載年 2021
巻(Vol.) 50
号(No.) 3
172 - 173
記事種類 活動報告
記事タイトル 第2回・環境技術学会技術セミナー+水中残留農薬の中長期的リスク評価のための新しいモニタリング手法の展望
著 者 須戸 幹
第1著者ヨミ SUDO
第1著者所属 滋賀県立大学
要 旨 はじめに
 学術委員会では,環境技術に関連するさまざまなトピックスを取り上げ,講演と関係者の交流を目的とした技術セミナーを企画・開催している.第1回(2019年5月)の「ドローン環境技術の最前線」に続く今回は,水環境中に残留する農薬の中長期的なリスク評価について,行政,濃度モニタリング,現場の生物影響試験の立場から専門家の方々に実例を交えて解説していただいた.
 当初,セミナーは2020年6月6日に龍谷大学梅田キャンパスで対面開催し,その後,講演内容に基づいた特集企画を学会誌に掲載する予定であった.コロナウイルス感染拡大の懸念からセミナーは延期となったが,特集記事は予定通り2020年5号(9月発行)に掲載された.そのため,記事を読んで(予習をして)から参加した方も多かったのではと思う.
特集タイトル
特集のねらい